HOME
協会案内
製品案内
施工
衝突実験
会員一覧
実績
お問い合わせ
サイトマップ
copy right
Precast Guard Fence Society
プレキャスト・ガードフェンス協会
ご挨拶
PGF協会について
車両用防護柵について
事務局連絡先
車両用防護柵について
車両用防護柵は高速走行する重車両が衝突しても車両が路外へ逸脱することなく、車両の乗員の安全性が確保されること、車両の衝突後の誘導性能が良好なこと、防護柵そのものも一定以下の変形に留まりかつ衝突時に構成部材が飛散しないこと等々の事柄が、建設省の性能基準として定められています。

車両用防護柵については、平成10年11月に建設省の基準が改訂になり、実車衝突実験を行い道路管理者において所要の性能を満たすことを確認されたものだけが実用に供することができることになっています。
コンクリート製剛性防護柵については、建設省、道路公団、セメント協会、PGF協会が、平成7年から4年間に亘り共同研究として改良および性能確認のための実車衝突実験を延べ9回に亘って行いました。
その結果、車両総重量25tの大型車を時速100km、衝突角度15度で衝突させた結果、新しい防護柵の設置基準書に示されている所要の性能を満足するものであることが確認され、平成11年3月に建設省より発刊された「車両用防護柵標準仕様書」にコンクリート製剛性防護柵として掲載されました。
ダウンロード