HOME
協会案内
製品案内
施工
衝突実験
会員一覧
実績
お問い合わせ
サイトマップ
copy right
Precast Guard Fence Society
プレキャスト・ガードフェンス協会
工法
施工フローチャート
歩掛表
標準歩掛表

平成26年11月1日 改訂

据付工(昼間用)
(100mあたり)
名 称 単 位 数  量
2.5m 3m 5m
土木世話役 3.20 2.78 2.00
特殊作業員 9.60 8.33 6.00
普通作業員 9.60 8.33 6.00
ラフテレーンクレーン 3.20 2.78 2.00
諸雑費率 8.00 8.00 8.00


(注意)
1.本歩掛は、PGFを据付する作業であり、現場内小運搬(20m程度)を含む。
  床堀、基礎コンクリート、埋戻等は含まない。
2.諸雑費は据付用治具等の費用であり、労務費の合計額に上表の率を乗じた金額を計上する。
3.敷モルタル等の材料は別途必要量を計上する。
4.ラフテレーンクレーン(標準的施工条件の場合25t)は賃料とし、現場条件に適合する規格を選定する。
5.夜間作業の場合、労務単価は50%割増、ラフテレーンクレーン単価は30%割増とする。
6.作業スペースが十分に確保できない場合や交通規制で断続作業を行う場合及び夜間作業の場合は
  現場条件に合わせて据付能率を減ずる。
7.据付日数は次式により算出し、小数点以下は切上げて整数とする。
  (据付日数)=(部材延長もしくは部材数)÷(1日当たりの据付延長もしくは1日当たりの据付本数)

標準的な施工条件での施工量【日中施工】

部材長(m) 延長(m) 本 数
5.00m
50.0m
10.0本
3.00m 36.0m 12.0本
2.50m 31.3m 12.5本


鋼材組立工

(100mあたり)
名 称 単 位 数 量
橋梁世話役

0.50
橋梁特殊作業員 2.00
普通作業員 1.00
諸雑費率 8.00
  (注意)
1.本歩掛は基礎埋込式および壁高欄タイプのPGFに適用する。
2.本歩掛はPC鋼材をシース内に挿入連結し
  定着する作業である。
3.鋼材延長は定着装置内面間の実延長とする。
4.シール材等の材料は別途必要量を計上する。
5.諸雑費は冶具等の費用であり、労務費の
  合計額の左表の率を乗じた金額を計上する。

 

緊張工

(緊張10本あたり)
名 称 単 位 数 量
橋梁世話役

0.50
橋梁特殊作業員 1.50
普通作業員 1.00
  (注意)
1.本歩掛は基礎埋込式および壁高欄タイプのPGFに適用する。
2.本歩掛はPC鋼材を緊張する作業である。
3.緊張機械器具は別途必要量を計上する。

 

部材間目地工

(目地10ヶ所あたり)
名 称 単 位 数 量
土木世話役

0.50
普通作業員 1.50
諸雑費率 15.00
  (注意)
1.本歩掛は基礎埋込式および壁高欄タイプのPGFに適用する。
2.本歩掛は部材間の目地に無収縮モルタルを
  充填する作業である。
3.無収縮モルタル等の材料は別途必要量計上
  する。
4.諸雑費は小機械等の費用であり労務費の合
  計額に左表の率を乗じた金額を計上する。

 

部材結合工

(結合10ヶ所あたり)
名 称 単 位 数 量
橋梁世話役

0.80
普通作業員 2.40
諸雑費率 15.00
  (注意)
1.本歩掛は壁高欄タイプのPGFに適用する。
2.本歩掛は部材を床版にアンカーボルトで結合
  し、床版との間隙部と本体切欠部を無収縮モ
  ルタルで充填する作業である。
3.アンカーボルト、定着具、無収縮モルタル等の
  材料は別途必要量計上する。
4.諸雑費は小機械及び切欠部型枠等の費用で
  あり、労務費の合計額に左表の率を乗じた金
  額を計上する。



緊張機械器具

(一式あたり)
名 称 単 位 数 量 規格
緊張機械

1.00 CCLストランドジャッキ
発電機 1.00 200V(25kVA)
緊張機械運搬 1.00 2tトラック(ユニック付)
  (注意)
1.CCLストランドジャッキシステムは供用期間
  10日未満の場合は保証期間の10日を計上
  する。
2.CCLストランドジャッキシステムは回送費用
  を別途計上する。
3.燃料は別途必要量を計上する。
4.数量は実数量を計上する。
ダウンロード